産み分け.com

ピンクゼリーの仕組みや使用法、入手法などについて


男の子の産み分け法


女の子の産み分け法


産み分けを実行する前に
まずは排卵日をチェック!


中国式産み分け表




リンク

⇒ リンク集

排卵日を計算して危険日を予測

産み分け.com<女の子の産み分け法<ピンクゼリー

ピンクゼリー

女の子を産み分けるために有効なアイテムに、「ピンクゼリー」というものがあります。

ここでは、ピンクゼリーの仕組みや使用法、入手法などについて説明していきたいと思います。

ピンクゼリーとは?

ピンクゼリーとは、女の子を産み分けるためにイギリスで開発されたゼリーです。

性交前にピンクゼリーを使うことによって膣や子宮頸管が酸性の状態になり、X精子が有利な状態になることによって、女の子が生まれやすい状態を作り上げることが出来ます。

ピンクゼリーを使った産み分けの確率には諸説ありますが、大体8割くらいの確率で女の子を産み分けることができると言われています。


ピンクゼリーの使い方

ピンクゼリーの使い方については、産婦人科によって多少指導内容に違いもあるようですが、排卵日の2日ほど前に使用するというのが一般的です。

これはピンクゼリーの効果に加え、女の子が生まれやすいタイミングでセックスをすることによって、より女の子を産み分ける確率を高めるためです。(復習:セックスによる産み分け(女の子))

【ピンクゼリーの使い方】

  • ピンクゼリーを5〜7ml注射器に取ります。(ゼリーが固まっていることもあるので、事前に熱湯を入れたコップに容器ごとゼリーを3〜4分付けて、溶かします)
  • ピンクゼリーの温度を確かめてから、注射器で膣内(出来るだけ奥)に注入します。
  • 注入したピンクゼリーが出てこないように腰を高い位置に上げて、そのまま5分ほど待ちます。
  • 5分経ったら、性交をします。

ピンクゼリーの入手法

ピンクゼリーはヤフーオークションなどでも売られていますが、基本的には産婦人科に行って買ったほうが良いと思います。(ピンクゼリーは、「SS(セックス・セレクション)研究会」というところに加入している産婦人科で入手できます。)

また、産婦人科が通販でピンクゼリーを販売している場合もありますので、そのような経路で入手するのも良いかも知れません。

「ピンクゼリー 通販」などで検索をすれば、簡単に見つかると思います。




女の子の生み分け法




Copyright 2007 産み分け.com All Rights Reserved