産み分け.com

産婦人科での産み分け(女の子)について


男の子の産み分け法


女の子の産み分け法


産み分けを実行する前に
まずは排卵日をチェック!


中国式産み分け表




リンク

⇒ リンク集

排卵日を計算して危険日を予測

産み分け.com<女の子の産み分け法<産婦人科での産み分け(女の子)

産婦人科での産み分け(女の子)

男女の産み分けは、当サイトや他のサイト、本などを読むだけでもかなり確率が高くなると思いますが、より万全を期すのなら、産婦人科に行って相談することをお勧めします。

ここでは、産婦人科での産み分け(女の子)について説明します。

産婦人科の選び方

男女の産み分けをしようと思っているのであれば、産み分けを得意としている産婦人科を受診する必要があります。

「セックス・セレクション研究会(SS研究会)」という男女の産み分けについて研究している組織に加入している産婦人科であれば、産み分けについての造詣が深い可能性が高いので、そのような産婦人科を受診するのがお勧めです。

インターネットで調べれば、SS研究会に加入している産婦人科やSS研究会の事務局の連絡先が簡単に見つかると思います。


産婦人科での女の子の産み分け

産婦人科では、女の子の産み分けの基本的な方法を教えてくれたり、妊娠が可能かどうかの検査をしてくれたりします。

また、女の子の産み分けに効果があると言われているピンクゼリーなどを処方してもらえる場合もあります。

産み分けのカウンセリングで産婦人科に行く場合、その一番の目的は、「排卵日の特定」です。

ですので、産婦人科に行くのは「そろそろ排卵日かな?」と思ったときが良いでしょう。基本的には、生理開始日から7〜12日ほど経った頃に行くのがお勧めです。

産婦人科を受診する際には、保険証と基礎体温表(少なくとも3ヶ月以上継続しているもの)を持っていくようにしましょう。(参考:基礎体温)




女の子の生み分け法




Copyright 2007 産み分け.com All Rights Reserved