産み分け.com

女の子を産み分けるためには、あっさりセックス!?


男の子の産み分け法


女の子の産み分け法


産み分けを実行する前に
まずは排卵日をチェック!


中国式産み分け表




リンク

⇒ リンク集

排卵日を計算して危険日を予測

産み分け.com<女の子の産み分け法<セックスによる産み分け(女の子)

セックスによる産み分け(女の子)

男女の産み分けで最も有効なのは、セックスの時期・タイミングや方法を、それぞれの性別の子供が生まれやすいように合わせるというものです。

ここでは、女の子の産み分けに有効なセックスの時期・タイミングや方法について説明します。

女の子が出来やすいセックスの時期・タイミング

女の子が生まれるためには、X精子が卵子と受精することが必要です。(復習:X精子は女の子)

このX精子は寿命が長く酸にも強いのですが、スピードはY精子よりも遅いため、同じ条件下ではY精子に競り負けてしまうことが多くなります。

そんなX精子が受精する確率を高めるセックスの時期・タイミングはずばり、

排卵日の2日〜3日前!

X精子の寿命(2〜3日)がY精子の寿命(約24時間)よりも長いことを利用し、排卵日の2〜3日前にセックスをすることによって、排卵日にはX精子しか生き残っていないという状況を作るのです!

ライバルがいなければX精子の一人勝ちなので、女の子が生まれる確率が高くなるということです。


女の子を産み分けるためのセックスの方法

女の子を産み分けるためには、酸性である膣の入り口で、いかにしてライバルのY精子の数を減らすかがポイントになってきます。

つまり、出来るだけ膣の中を酸性の状態にしておけばが出来れば、ライバルであるY精子の数が減り、女の子が生まれやすくなるということです。

膣の中を酸性にするには様々な方法があるので他のページでも詳しく説明しますが、女の子を産み分けるには、女性がセックスで感じないことが有効になります。

女性がオーガズムを感じると、子宮頸管からアルカリ性の粘液が出てくるため膣の酸性が中和されて、中性に近づきます。

逆に、女性があまり感じなければ、子宮頸管からアルカリ性の粘液があまり出てこないので、膣が酸性の状態に保たれるというわけです。

女の子を産み分けるためには、あっさりセックス

これが極意です(^^)


男の子の生み分け法

Copyright 2007 産み分け.com All Rights Reserved