産み分け.com

超音波検査について


男の子の産み分け法


女の子の産み分け法


産み分けを実行する前に
まずは排卵日をチェック!


中国式産み分け表




リンク

⇒ リンク集

排卵日を計算して危険日を予測

産み分け.com<排卵日のチェック方法<超音波検査

超音波検査

男女の産み分けを行なうために最も重要なのは、「正確な排卵日を知る」ということです。

ここでは、産婦人科での超音波検査による排卵日の特定について、詳しく説明します。

超音波検査

産婦人科での超音波検査は、手間はかかりますが最も確実に排卵日を知ることができる方法です。

産み分けは究極的には、どれだけ正確に排卵日を特定することができるかどうかにかかっていると言っても過言ではありませんから、超音波検査はある意味最も産み分けに効果的な方法だとも言えます。


超音波検査の内容

超音波検査では、「経膣プローブ」というものを膣の中に挿入し、卵巣や子宮の様子を観察します。

特に排卵日を知るためには、「卵胞」というものの大きさを、超音波検査で調べます。

卵胞は排卵に向けて毎日1〜2mmくらいずつ大きくなっていき、排卵当日には約23〜25mm程の大きさに成長します。

この卵胞の大きさを調べることによって、その人の排卵日を予測することができるというわけです。


超音波検査の注意点

卵胞は、排卵当日には約23〜25mm程の大きさになるのですが、これはあくまでも平均ですので、人によっては20mmや30mmで排卵する場合もあります。

ですので、より正確な排卵日を知るためには何度か超音波検査を行なって、その人の卵胞の大きさを確かめておく必要があります。




排卵日のチェック方法




Copyright 2007 産み分け.com All Rights Reserved