産み分け.com

X精子が卵子と受精すると、女の子が生まれます!


男の子の産み分け法


女の子の産み分け法


産み分けを実行する前に
まずは排卵日をチェック!


中国式産み分け表




リンク

⇒ リンク集

排卵日を計算して危険日を予測

産み分け.com<女の子の産み分け法<X精子は男の子

X精子は女の子

精子には「X精子」と「Y精子」がありますが、このうちの「X精子」が卵子と受精をすると、女の子が生まれることになります。

X精子にはある特徴があり、その特徴を利用することで、女の子が生まれる確率を高めることが出来ます。

あ

X精子の特徴

  • X精子が卵子と受精すると、女の子が生まれる!
  • 酸性に強く、アルカリ性に弱い!
  • スピードが遅く、卵子のもとに到達するのも遅い!
  • Y精子の半分しかいない!
  • 熱に強い!
  • 寿命はY精子よりも長い!(2〜3日)

X精子と女の子の産み分け

卵子と受精すると女の子が生まれるX精子は、Y精子の半分の数しかなく、スピードも遅いので、卵子に到達するのもY精子に遅れがちです。

それだと、なんだか男の子のほうが生まれやすいような気もしますが、Y精子には「酸性に弱い」という大きな弱点があります。

そのため、酸性である膣の入り口でY精子の多くは死滅してしまうので、結果的に男の子と女の子の生まれる比率はちょうど1:1くらいになるのです。人体の不思議ですね〜。

つまり女の子を産み分けるためには、酸性である膣の入り口で、いかにしてライバルのY精子の数を減らすか、あるいは、Y精子よりも長い寿命をいかにして有効に活用するのかがポイントになります。


女の子の生み分け法

Copyright 2007 産み分け.com All Rights Reserved